『交渉人・真下正義』の気になるところ

『交渉人・真下正義』にいただいたTBをきっかけにより深くを学ぶことになった。

コラム八方ビジョン(19)〜交渉人・真下正義〜の、リンクねたには心を動かされた。

その中でも、地下鉄の撮影は、札幌・横浜・神戸・大阪を使用とのことで、
エンドタイトルで確認らしいので、実際に調べてみたわけです。
(場所柄、横浜ぐらいしか確認しようがないのですが…)
すると、新たな発見がありましたので紹介します。

映画の中には「九段下駅」や「赤坂見附駅」が登場するようですが、
それらは、横浜市営地下鉄の「中田駅」や「関内駅」とのこと。
実際に警官隊の突入シーンであるとか、車両基地の爆破シーンも撮影したらしい。
さらに、実験車両が暴走するシーンのためのトンネルであるとか、
地下鉄指令所内のモニター映像なども撮影した上に、クライマックスシーンまで。
なんとそのクライマックスシーンは、建設中の「地下鉄4号線」を使ったって!

横浜市の完全バックアップのもとに撮影された映画だったんですね。

さらに深いネタとなると…

最初は、乗っ取られた最新鋭実験車両の『クモ』とやらを、
実際に本線内に走らせたかったらしい。
ただ、さすがに協力的な横浜市というか市営地下鉄もOKが出せなかったみたいです。
実際はミニチュアでの撮影の上、CG合成になったようです。

その他の撮影に関しては実際の駅や地下鉄内で、通常営業を止めずに行なったとか。
まあ、通常営業終了後の深夜撮影ということだろうが、横浜市も太っ腹である。
おまけに、乗降客のかなり多い関内駅を使い、エキストラ100名以上入れての撮影も。

一時、東京都知事が都内公共施設の撮影への協力を解禁したことがあったが、
こんな話が吹っ飛ぶくらいの大きな話であると思う。
東京都の場合は、石原軍団との関係も予想されるが、横浜市の場合は何だろう?
でも、これだけの話、全く話題にならないのはなぜなんでしょうね。
(もし私だけが乗り遅れていたらごめんなさい…)
もっと、アピールしたら良いのにね。

「まだまだあぶない刑事」も横浜市での撮影が多かったわけだしなぁ。


『blogRanking』
この記事へのコメント
こんばんわ。記事リンクして頂きまして有難うございました。ところで、横浜地下鉄ネタを我がブログで紹介させていただきます。何か不都合な点がありましたらコメントください。宜しくお願いします。
Posted by &財 at 2005年05月31日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

ファン大興奮!「真下正義」シリーズ化へ交渉成功
Excerpt: 「交渉人」、シリーズ化へ−。俳優、ユースケ・サンタマリア(34)が12日、都内で行われた初主演映画「交渉人 真下正義」(本広克行監督)の観客動員数200万人突破記念舞台あいさつに出席した。同席した同映..
Weblog: TVドラマに物申す!
Tracked: 2005-06-20 20:33

交渉人 真下正義
Excerpt: 2003年11月24日、レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。 その事件直後、真下正義(ましたまさよし)警視は、湾岸署の前で、報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人(ネゴシエイター)..
Weblog: impression
Tracked: 2005-07-01 03:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。